ベビーリングを作るときのポイント「誕生石」とは?

生まれてきた赤ちゃんの幸せと健やかな成長を願って作るベビーリングは、守護石と呼ばれる誕生石を留めたデザインが人気です。今回は、はじめてベビーリングを作るときのポイントとして知っておきたい「誕生石」について詳しく紹介します。

ベビーリングのポイント!赤ちゃんの誕生石を知ろう!

・1月の誕生石はガーネット

1月生まれの人の誕生石は、ガーネット(GARNET)です。紅く輝く色のガーネットの石言葉は、真実、実り、忠実、友愛、繁栄、勝利です。実りや成功を連想させるパワーストーンとして知られていて、お守り用としても人気の高いジュエリーです。種類が豊富なガーネットの中でも特に人気なのは、定番のアルマンディンガーネットです。洗剤や洗浄機に入れても問題ないので、比較的お手入れしやすいジュエリーです。

・2月の誕生石はアメシスト

2月生まれの人の誕生石は、アメシスト(Amethyst)です。紫色に輝く姿から、紫水晶とも呼ばれています。アメシストの石言葉は、真実の愛、高貴、誠実、心の平和、愛情、覚醒です。古くから霊性の高い石として愛用されてきた石で、真実の愛や問題を解決するパワーを与えてくれるといわれ、恋愛のお守りとして人気があります。
洗剤や洗浄機に入れても問題ないくらいの耐久性はありますが、ダイヤモンドのような硬い石に当たると傷つきやすいので注意してください。

・3月の誕生石はアクアマリン

3月生まれの誕生石は、アクアマリン(Aquamarine)です。透き通った海を連想させる淡い水色をしています。石の大きさによって水色の濃さは変わるため、ベビーリングに留める大きさになるとやや薄い水色になります。アクアマリンの石言葉は、幸福や勇敢、聡明、沈着です。天使の石とも呼ばれるアクアマリンは、幸せや喜びを象徴することから、赤ちゃんの誕生祝いをはじめ、結婚を祝福する贈り物としても人気があります。傷が付きにくいジュエリーなので、洗剤や洗浄機を使ったお手入れが可能です。

・4月の誕生石はダイヤモンド

4月生まれの誕生石は、ダイヤモンド(Diamond)です。色は透明で、美しい輝きを放つダイヤモンドの石言葉は、純潔、永遠の絆、不変、不屈、純愛です。宝石の中で、最も硬い石として知られるダイヤモンドは、持つ人に幸運をもたらし、精神的な強さや精神的な強さをもたらしてくれると言われています。1番硬い石なので、傷が付きにくく、扱いしやすい宝石です。

・5月の誕生石はエメラルド

5月生まれの誕生石は、エメラルド(Emerald)です。王族や貴族に愛されてきた緑の宝石の石言葉は、幸運、安定、希望、恋愛成就です。幸運を呼び込むパワーストーンとされ、別名「愛の石」とも呼ばれています。普段から恋愛成熟のお守りとして身につけることで、一歩踏み出す勇気を与えてくれるといわれています。比較的硬い石ですが、当たりに弱いので、お手入れするときは柔らかいブラシや布を使って洗浄します。

・6月の誕生石はムーンストーンと真珠(パール)

6月生まれの誕生石は、ムーンストーン(Moonstone)と真珠です。半透明で乳白色のムーンストーンの石言葉は、健康、長寿、癒し、愛の予感、純粋な愛です。愛する人との恋愛成熟のパワーストーンとして知られ、愛や幸運をもたらすと言われる神秘的なジュエリーです。ムーンストーンは力の加わる方向によっては当たりに弱い部分があるので、使ったあとは柔らかい布でお手入れをします。
6月のもう1つの誕生石は真珠(パール)です。ムーンストーンと同じく、恋愛成熟や家庭を幸福へと導く力を持つと言われています。真珠は軟らかいので、他のジュエリーとぶつからないように保管してください。

・7月の誕生石はルビー

7月生まれの誕生石は、ルビー(Ruby)です。真紅の輝きを放つルビーの石言葉は、情熱、純愛、勇気、良縁です。勝利の石とも呼ばれるルビーはポジティブな意味がたくさん込められていて、持っている人を災難や危険から身を守るパワーがあると言われています。希少価値の高いルビーは硬い石なので、洗剤や洗浄機を使ってお手入れしても問題ありません。

・8月の誕生石はペリドット

8月生まれの誕生石は、ペリドット(Peridot)です。黄緑色の宝石ペリドットの石言葉は、夫婦の幸福、和合、平和、優しさ、前向きです。世界で最も古いパワーストーンとして知られるペリドットは、身につける人を明るく照らし、前向きに進むパワーをもたらしてくれると言われています。透明感のある美しい輝きを放つペリドットは、お手入れのしやすさも魅力です。

・9月の誕生石はサファイア

9月生まれの誕生石は、サファイア(Sapphire)です。深く濃い青色の輝きが美しいサファイアの石言葉は、慈愛、高潔、誠実、心の成長、成功です。勝利や金運アップに導くパワーストーンとして知られるほか、大切な愛を一途に貫く恋愛のお守りとしても人気があります。ブルーサファイアが定番色ですが、他にも赤色以外のサファイアは9月生まれの誕生石です。お手入れしやすいサファイアは、ダイヤモンドに次いで高い硬度を持ちます。

・10月の誕生石はトルマリンとオパール

10月生まれの誕生石は、トルマリン(Tourmaline)とオパール(Opal)です。赤や青、緑、ピンクなど色のバリエーションが豊富です。中でも人気のピンクトルマリンの石言葉は、広い心、思慮深さ、友情、潔白、無邪気、希望です。愛の石とも呼ばれるトルマリンは、恋愛成熟に効果があるとされ、持ち主の心身のバランスを整えて元気にしてくれるパワーストーンとして人気があります。洗剤や洗浄機を使ったお手入れが可能です。
10月生まれのもう1つの誕生石は、オパールです。貴重な石との別名を持つオパールは、見る角度によってさまざまな色合いを楽しめる宝石です。希望や幸福といった石言葉を持ち、良縁をもたらすパワーストーンとして知られています。

・11月の誕生石はトパーズ

11月生まれの誕生石は、トパーズ(Topaz)です。青色の他、茶や緑、黄などの色があるトパーズの石言葉は、友愛、希望、潔白、知性です。心と身体に活力をもたらし、健康にしてくれる効果があると言われています。仕事運がアップするパワーストーンとしても知られていて、ベビーリングでは青色のブルートパーズを使用するのが一般的です。お手入れがしやすいので、普段使いしやすい宝石として人気があります。

・12月の誕生石はタンザナイト・ラピスラズリ・ターコイズ

12月生まれの誕生石は、タンザナイト(Tanzanite)・ラピスラズリ(Lapis lazuli)・ターコイズ(Turquoise)です。青色のタンザナイトの石言葉は、冷静、知性、高貴、神秘です。ネガティブなエネルギーをポジティブなエネルギーに変える効果をもたらすとされるパワーストーンです。
日本では瑠璃と呼ばれるラピスラズリの色は濃紺で、石言葉は成功や幸運、真実、繁栄、健康です。邪気を取り除き、持つ人に幸運やエネルギーをもたらすパワーがあるとされています。変色することがあるので、洗剤や洗浄機は使わないようにしてください。
青色や青緑色などの色があるターコイズの石言葉は、成功や幸運、真実、繁栄、健康です。幸運をもたらすラッキーストーンとして人気があり、身につけている人を正しい道へと導いてくれる効果があると言われています。衝撃に弱いので、他のジュエリーとぶつからないように保管してください。

【おまけ】ネックレスの選び方

赤ちゃんが小さなうちは、お母さんやお父さんが大切に保管しておくのも良いですが、せっかくならネックレスチェーンに通してお守りとして肌身離さず身につけるのもおすすめです。
ベビーリングを通すためのネックレチェーンの選ぶときは、「素材」と「デザイン」が重要なポイントです。

ネックレスチェーンの素材といえば、純金や純プラチナを選ぶ方も多いかと思います。ただ、純金や純プラチナは、軟らかすぎて耐久性に乏しく、傷が付きやすいというデメリットがあります。ベビーリングを通すためのネックレスの素材としては不向きなため、ネックレスチェーンの素材としては、金とは異なる金属を混ぜた18金や、パラジウムで硬くしたプラチナ850を使うのが一般的です。

また、ネックネスチェーンを選ぶときは、デザインによって見た目はもちろん、耐久性にも違いがあるので、それぞれの特徴を踏まえた上で目的に合わせて選ぶようにしましょう。ペンダントに合わせやすいアズキチェーンや丸アズキチェーンは耐久性にも優れていますし、光の当たり具合でキラキラ輝くカットボールチェーンもベビーリングやペンダントに組み合わせられることが多い定番のネックネスチェーンです。

守護石と呼ばれる誕生石の石言葉などを知ると、ベリーリングへの愛着がさらに高まりますし、ネックネスチェーンと組み合わせればいつでもどこへでもベリーリングを身につけて出かけられるのでおすすめです。
以上、ベビーリングを作るときのポイントとして知っておきたい誕生石、ネックネスチェーンについての紹介でした。